HIGASHINIHONDENKI
プリュテック水とは・・
厚生労働省認可の食品添加物である次亜塩素酸ナトリウム(殺菌剤)と希塩酸と水を特許技術と特殊な装置で希釈混合して生成した、次亜塩素酸を主成分とする弱酸性の安全無害な次亜塩素精製水です。

環境・人体等に全く無害・安全でありながら、
さまざまな菌に対して効果的に作用します。
中性に近い弱酸性の低濃度で使用するため、人体に対しては
全くの無害ですから、皮膚の炎症や手荒れなどを引き起こさず安心してお使い頂けます。
また、除菌だけに限らず、アンモニア・硫化水素・トルメチルアミン・酢酸などの強烈な悪臭も同時に分解消失させる強力な消臭力をも併せ持っています。
強力で安全な除菌と瞬間消臭を実現した弱酸性次亜塩素精製水「
プリュテック水」です。


次亜塩素酸って何?
次亜塩素酸は人体内でもつくり出され、細菌さどの異物を分解するために活躍し、その安全性も既に証明されています。
しかし、血液中でその次亜塩素酸が発生しているという事実は意外と知られていません。
血液中には白血球・赤血球・血小板の三種類の細胞があり、それらが骨髄でつくり出されている事は一般的に知られています。
その中の白血球には好中球・好酸球・好塩基球・単球・リンパ球などの種類がありますが、その大部分は好中球とリンパ球です。
好中球は細菌の病気、リンパ球はウイルスの病気を防いだり治したりする仕事をしています。
好中球にはミエロパーオキシダーゼという酵素が大量に存在していますが、その酵素の働きにより、活性酸素の一種である過酸化水素を塩素イオンと反応させ次亜塩素酸をつくり出します。
一般的に、活性酸素が体内に侵入した細菌などの異物を分解していると言われますが、実際はその活性酸素も次亜塩素酸に変化した形で細菌などの異物を分解しています。
好中球が次亜塩素酸を生成させるのは安全に殺菌するためです。
結果、次亜塩素酸は血液中での安全性を証明したと言えます。



プリュテック水の用途と使用方法
用  途 使用方法 希釈倍率(塩素濃度)
ホール内・事務所内(リビング・応接間・キッチン・寝室・公共施設待合室・他) 専用超音波噴霧器で空間噴霧  ×8倍(50ppm)
遊技機Pハンドル・遊技機Sレバー・椅子(手指・洗濯機・調理器具・靴・他) スプレーで散布  ×5倍(80ppm)
球箱 浸け置き ×10倍(40ppm)


プリュテック水(400ppm)



Copyright(C) HIGASHINIHONDENKI Co.,Ltd. All Rights Reserved.